おすすめの不動産屋ランキング【世田谷区編】

世田谷区で家探しをする方のための不動産屋ナビ

第一位

ウェストパーク

ウェストパーク取扱い物件数
約10,000件

世田谷区や渋谷区など人気のエリアを中心に、膨大な物件を所有。ここだけでしか見られない、希少な物件が多い。

HPはこちら

第二位

三井のリハウス

三井のリハウス取扱い物件数
約5,000件

中古マンションと中古一戸建ての物件数が多い。未公開の物件はなく、会員でなくても物件を確認できる。

HPはこちら

第三位

東急リバブル

東急リバブル取扱い物件数
約7,600件

新築・中古マンションの物件数が多い。新着物件の情報をメールで受け取れるサービスを無料で行っている。

HPはこちら

HOME » 物件別・世田谷区で評判の不動産屋3選 » 土地

土地

世田谷区に土地を購入し、注文住宅で夢の生活を実現させよう!という方は多いことでしょう。

世田谷区の土地は、駅近の穴場物件や、駅から少々離れていても広くて周辺環境の良い物件が、まだまだたくさん眠っています。
じっくり探して自分好みの土地と巡り合いましょう。

土地購入のためのオススメ不動産屋を3件ご紹介しますので、さっそくチェックしてください。

世田谷区の土地購入にオススメの不動産屋その1:住建ハウジング

“都心に一戸建てを”というコンセプトで、都心や城南、城西エリアの一戸建てや土地を取り扱っている不動産会社です。
世田谷区の土地は、3,000万円台から2億円超まで幅広く情報が揃っているようで、お買い得な優良物件も見つかりそう。

未公開の物件も多いので、いち早く情報をつかみたい方はこちらをチェックしましょう。

世田谷区の土地購入にオススメの不動産屋その2:アドキャスト

物件の仲介だけではなく、住宅ローンの相談やライフプランニングなど、不動産購入のためのサポートサービスが自慢の不動産会社です。

世田谷区の土地情報は、約800件もの膨大な数から検索でき、そのほとんどが会員だけしか閲覧できない未公開物件。
土地を本気でお探しの方はチェックして損はないでしょう。

世田谷区の土地購入にオススメの不動産屋その3:リードホーム

世田谷区や目黒区、港区などの都心・城南エリアを中心に不動産物件を扱っている不動産会社です。

世田谷区の土地物件だけで約700件もの情報がそろっていて、こちらもほとんどが未公開物件です。
他では見られない、希少な物件や鮮度の高い情報もありますので、マメに確認してみると、掘り出し物に出会えるかもしれません。

土地物件を選ぶポイント

世田谷区で土地をお探しの方必見の、土地選びのポイントを解説してみましょう。
大きな買い物で後悔しないためには、直感やフィーリングだけでなく、しっかり見極めるべきポイントがあるのです。

地盤や水はけ、土地の履歴をチェックしよう

マイホームを建てて末永く暮らしていくことを考えると、その土地の地盤が重要なチェックポイントであることは言うまでもありません。
一般的に、川や畑、田んぼの近くの土地は地盤が緩い可能性が高いですし、
傾斜地を盛り土などで整地している場合も地盤が緩いと考えます。
地盤が緩いと、基礎部分で地盤改良や耐震工事を行う必要が出てきますので、その分費用がかさむことになりますね。

また、元々その土地がどのように使用されてきたのか、土地の履歴をチェックすることも大切です。
例えば、以前は田畑や沼だった場所を埋め立てた土地であったことが分かれば、地盤が緩いことが予想されます。
以前は工業専用地だった場所が市街化区域になって、住宅用に開発されたという土地の場合、土壌汚染の可能性もあるのです。

できれば、周辺に長く住んでいる住民の方に話を聞いてみたり、昔の地図を確認するというのも有効な方法です。

その土地にまつわる規制事項を確認しておこう

その土地が、法律や規制にのっとって開発されているかどうかを確認しましょう。

例えば、建築基準法では、幅4メートル以上の道路に2メートル以上接している土地でないと建物を建築してはいけないことと定められています。
購入しようとしている土地が接している道路の幅が4メートル以下ならば、セットバックして道幅を広く取る必要がありますし、
2メートル以下しか道路に接していない場合は、新たな建物が建てられないという重大な問題が生じます。

さらに、建ぺい率と容積率の数字も確認しておく必要があります。
この数字によっては、希望の広さの住居が建てられない可能性もあるからです。

このほかにも、市区町村の条例や住民協定などによる決まり事など、
たくさんの条件が付いている土地がありますので、不動産屋にきちんと確認しておきましょう。

建築条件付き物件か、自由に建築できる土地か?

最近は建築条件付きの土地物件が多くなっています。
売主が指定した施工業者に建築を依頼しなければならない、という条件が付いた土地で、ある意味では建売物件と同じとも言えます。

物件によっては、買主にある程度のデザインなどを選ぶ権利が残されている場合もありますし、
間取りもデザインも素材もすべて決まっていて、買主がほとんど選択できないという場合もあります。

建築条件付き物件は、買主側にどのくらいの自由度が残されているのかをしっかり確認する必要があります。
自由度が低い物件の場合、買主側に見積もりや設計図などを詳しく提示されないまま施工が進むこともあるので、契約内容を詳細にチェックしましょう。

 

世田谷区内の物件を扱う評判の不動産屋リスト

物件別・世田谷区で評判の不動産屋3選

住みやすさはどう? 世田谷区の住環境ガイド

住宅購入の資金相談ができる!世田谷区で頼れる不動産屋は?